top of page
クローバーと花

人間ドック・健康診断

完全予約制

企業向け・個人様向けの人間ドック・各種健康診断を行っています。

定期健康診断は年に1回の健康管理の上で必要な健診です。
健診を通じて地域の皆様の健康をサポートいたします。

健康診断

■人間ドック
■生活習慣病健診
■協会けんぽ一般健診・付加健診

​​ 詳しくはこちら

■富士市国保人間ドック

​​ 詳しくはこちら

■定期健康診断

■雇用時健診

■特定健診

■婦人科検診

■その他各種健診

生活習慣病予防健診結果通知票と聴診器

人間ドック検査項目

人間ドック検査項目

医師診察

問診・聴打診

身体測定

身長・体重・BMI、体脂肪測定(体脂肪量・体脂肪率他)、腹囲

血圧

.

心電図

(安静時)

肺機能

.

眼科

視力(裸眼・矯正)、眼底(両目)、眼圧(両目)、色覚 ※初回のみ

聴力

オージオ(1,000Hz/4,000Hz)

胸部X線

胸部レントゲン

上部消化管X線

胃部レントゲン

腹部超音波検査

肝臓・膵臓・胆のう・腎臓

尿

蛋白、ウロビリノーゲン、潜血、PH、比重

便

便潜血(2日法)

血液型

ABO式 (オモテ検査のみ)、Rh式 ※初回のみ

血液一般

白血球数(WBC)、赤血球数(RBC)、血色素量(Hb)、ヘマトクリット(Ht)、血小板数(PLT)、MCV・MCH・MCHC、末梢血液像

糖代謝

尿糖、血糖(空腹時)、HbA1c

肝機能・胆管系

AST(GOT)、ALT(GPT)、LD(LDH)、ChE(コリンエステラーゼ)、ALP(アルカリフォスファターゼ)、γ-GT(γ-GTP)、総ビリルビン、アルブミン、総蛋白(TP)、A/G比、LAP

脂質

総コレステロール、中性脂肪(TG)、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、Non HDL-コレステロール、動脈硬化指数

腎機能

尿素窒素(BUN)、クレアチニン、e-GFR

痛風

尿酸(UA)

膵機能

血清アミラーゼ

電解質

Na(ナトリウム)、K(カリウム)、Cl(クロール)

炎症

CRP

リウマチ

RF

腫瘍マーカー

CEA

B型肝炎

HBs抗原

梅毒

RPR、TPAb

質問票22項目

​.

医師による結果説明

.

料金:44,000円(税込)

※各契約団体により人間ドックの検査内容及び料金が異なります。
※人間ドック受診の方は、お食事をサービスにて提供しております。
(健診後は壮大な富士山を眺めながらのお食事をご堪能ください。)

オプション検査

オプション検査

(税込)

血管ドック(頸動脈エコー・PWV・ABI・中心血圧・高感度CRP・塩分診断)

11,000円

HPV検査(ヒトパピローマウイルス感染) ※子宮がん検診必須

5,500円

甲状腺ホルモン検査(TSH・FT3・FT4)

6,600円

C型肝炎(HCV)検査

2,750円

骨密度測定検査(DEXA法)

3,300円

かくたん検査

3,300円

エイズ(HIV)検査

3,300円

ピロリ菌抗体検査(血液)

2,200円

ペプシノゲン検査(血液)

4,400円

ABC検査(血液)(ペプシノゲン検査+ピロリ菌抗体検査)ABC分類判定

6,600円

聴力検査(全音域)差額料金

1,100円

胃カメラ検査(人間ドック)経口・経鼻 差額料金

※完全予約制(実施日、人数制限あり)

4,400円~

※血管ドック検査・胃カメラ検査を希望の方は人数制限がございますので、事前申込のみとさせていただきます。
※胃カメラ差額料金は人間ドック以外のコースは料金が異なる場合がございますのでお問合せください。

腫瘍マーカー

(税込)

抗p53抗体(早期がん)

2,750円

卵巣マーカー4種(CA125・CA19-9・SLX抗原・CA72-4)

7,700円

CA15-3(乳)

2,420円

CA125(卵巣)

2,750円

PSA(前立腺)

3,080円

AFP(肝臓)

2,200円

CA19-9(膵臓・胆のう・胆管)

2,420円

エラスターゼ1(膵臓)※CA19-9検査必須

2,200円

シフラ(肺 特に肺扁平上皮)

2,750円

SCC抗原(肺扁平上皮・食道・子宮)

2,420円

SLX抗原(肺腺・膵臓・卵巣)

2,750円

婦人科検診

※子宮がん検診・乳房触診は、午後12:00~のご案内となります。

子宮がん検診

(税込)

頸部細胞診

子宮頸部の細胞を採取して異常な細胞がないか調べる検査です。

4,400円

(婦人科検診単独の場合 4,950円)

体部細胞診

3,300円

※子宮頸部細胞診必須

子宮体部の細胞を採取して異常な細胞がないか調べる検査です。子宮頸部細胞診と同時におこなうことでがんの予防を高めます。

HPV検査

5,500円

※子宮頸部細胞診必須

子宮がんの原因であるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染の有無を調べる検査です。子宮頸部細胞診と同時におこなうことでがんの予防を高めます。

乳がん検診

(税込)

乳房超音波(エコー)検査

5,500円

乳房に超音波をあてて、乳房の内部にしこりなどの異常がないか調べます。

マンモグラフィ検査

1方向 5,500円

2方向 7,700円

乳房専用のX線撮影機に乳房を片方ずつ押しはさんで、1方向(上下)またはより詳しく2方向(上下、左右)から撮影します。早期発見の糸口である小さな石灰化の検出に適しています。

乳房触診

2,200円

※単独検診不可(セット受診のみ実施)

視診、触診により乳房のひきつれや、しこりなどがないかを確認します

子宮がんの原因

子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの長期間の感染によって起こります。このウイルスは性交渉で感染するありふれたウイルスで、多くの女性が一生に一度は感染するといわれていますが、感染しても全員ががんになるわけではありません。しかしその中の約10%の人が長い年月をかけ子宮がんに進行する可能性があります。

(HPV感染から子宮頸がんになるまで数年~10年以上の時間がかかるといわれているので、定期健診をきちんと受けていれば早期発見できます。)

胸に手を当てる女性

血管ドックのご案内

血管ドックのご案内

日本人の死因の多くは心疾患と脳血管疾患で、「動脈硬化」が原因です。
「動脈硬化」を放っておくと、脳出血・脳梗塞・心筋梗塞・狭心症につながります。
「血管ドック」はさまざまな角度からあなたの「動脈硬化」のリスクを調べます。

動脈硬化の説明図

●高血圧・糖尿病の方
●喫煙習慣のある方
●肥満体型の方

●運動不足の方

●70歳以上の方

こんな方に特におすすめ

血管ドックの検査項目

頸動脈エコー検査

動脈硬化の進み具合・頸動脈のつまり具合を調べます。
血管壁の厚さや硬さ、プラーク(限局性の壁隆起)の有無を調べます。

PWV検査

血管の「しなやかさ」をみます。
心臓の拍動が手足に届くまでの速度から調べます。

ABI検査

足の血管の「詰まり具合」がわかります。
足首と上腕の血圧の比を測定して調べます。

中心血圧測定

心臓近くの血圧を手首の脈波の形から推定します。
心臓や大動脈などの重要な臓器が高い血圧にさらされると、心肥大や動脈硬化が進むので中心血圧は低いほうが良いと言われています。

高感度CRP(血液検査)

心筋梗塞などのリスクを評価します。
CRPは炎症の検査ですが、心筋梗塞などで血管にごくわずかな炎症が起こることが最近の研究でわかってきました。

塩分診断

食習慣や1日の食事から1日の塩分摂取量を調べます。
塩分の取り過ぎは心血管疾患や脳卒中・高血圧などの原因になります。
1日の食事から推定します。
1日分の食事の簡単な記録が必要です。

料金:11,000円(税込)

※必ず事前にお問い合わせください。(要予約)
希望された場合は当日8:00来院となります。

脳ドックのご紹介

脳ドックのご紹介

当センターにて人間ドック・生活習慣病の対象コースの受診者様限定の特典です

脳専門契約病院にて最新医療機器を用いて「脳ドック」特別コースを優待料金にて受診いただけます。

※対象コースの方のみ健診結果表に「脳ドックご優待券付き案内書」が同封されます。

(対象コースでない方には発行されません。優待でのご受診はできませんのでご注意ください。)
※受診する健診が対象コースかをご確認したい方は富士健診センターまでお問合せください。
(健保組合や会社などの契約コースとの併用はできません。)

フジケン脳ドックの内容

  • 問診

  • 血圧測定

  • MRI(脳断層撮影)

  • MRA(脳血管撮影)

  • 心電図

  • 頸動脈エコー

  • 物忘れチェック

富士健診センターで行った健康診断結果(血液検査・尿検査)もふまえて脳ドックの結果を出します。

その為、検診日から3ケ月以内の受診をお願いいたします。

脳卒中(クモ膜下出血・脳出血・脳梗塞)は、前ぶれもなく急に襲ってきます。

脳の健康状態をチェックすることも大切です。

フジケン脳ドック優待料金

25,000円(税込)

※ご予約は「脳ドックご優待」の案内に従って直接、脳研(脳ドック健診センター)へお申込みください。

※脳ドック当日は「富士健診センターの結果表コピー」、「脳ドック優待受診券」を必ずご持参ください。

胃部レントゲン室
心電図
富士健診センター看板
bottom of page